頭皮ケアで薄毛や抜け毛を予防する大切さ

  • >
  • 薄毛は加齢が原因だけではなく若年化が進んでいる!

薄毛は加齢が原因だけではなく若年化が進んでいる!

2016年08月04日 17時48分

  • 薄毛は加齢が原因だけではなく若年化が進んでいる!
薄毛になる原因は何だと思いますか?大部分は生活習慣が影響していると言われています。不規則・不摂生で不健康な生活を送っているからです。そんな生活をしていると髪の毛の寿命を縮めているのです。医学的な研究によって解明されてきました。
 
具体的には喫煙と飲酒があげられます。ニコチンは血液の循環を妨げてしまいます。毛根を次々に破壊してしまいます。飲酒はビタミンと亜鉛を奪います。髪の毛の成長が阻害されてしまいます。
 
睡眠時間が不規則だったりストレスが多かったりする生活も髪の毛には悪いです。ホルモン分泌に悪い影響があります。コンビニ弁当やファーストフードの外食もNGです。加工食品に含まれる人工甘味料や食品添加物は健康を害します。糖分や脂肪分を摂取しすぎる偏食も身体によくありません。運動不足も血液の流れを鈍くしてゆきます。その結果、抜け毛に繋がるとされています。決して、加齢だけが薄毛・抜け毛の原因ではないのです。
 
  • 薄毛が自分で気になってきたら、他人はしっかり気がついている!
鏡の前で「ちょっと薄くなってきたな!」と感じたらスカルプケアを開始するべきでしょう。自分自身が薄さに気がついたら、あなたの周囲にいる人達は気がついています。それを口に出して言わないのはエチケットです。だからこそ、自分で認識したらすぐに頭皮ケアを始めましょう。
 
  • 人間の一生のうちに一つの毛穴から髪の毛が生えかわる回数は決まっているのです。
ひとつの毛穴から生えかわるのは約20回という研究結果があります。抜けてしまって生えてきて……これを20回程度くりかえしたら毛根は死んでしまっている計算になります。
 
髪の毛の生えかわるサイクルは男性の場合は3年から5年です。毛穴のひとつが正常な状態ならば最長100年持つ計算になります。しかしながら、間違った頭皮ケア・不摂生・ストレスによってサイクルが短くなってしまいます。一つの毛穴で1年という短命になってしまうこともあります。そういったサイクルになってしまうと手遅れです。本当ならば100年持つところが20年で死滅するようなケースもあるわけです。
 
  • 毛根が枯れてしまって毛穴が閉じてしまうと髪の毛は2度と生えません!
あなたの髪の毛を再び太く・強く伸ばしたいならば毛根が生きている間に頭皮ケアをしなければだめです。毛根が枯れてしまって毛穴が閉じてしまえば万事休す。その毛穴から髪の毛が生えてくることは一切ありません。
 
死んでしまった毛穴は完全に閉じてしまいます。ツルツルになってしまったら薄毛対策としては植毛かカツラしかありません。カツラはバレるリスクが大きいです。植毛はバレにくいでしょう。ですが健康保険の適用はありません。膨大なコストがかかります。
 
  • 髪の毛は無限ではありませんから、今現在生えている紙の毛を大切にしよう!
一つの毛穴から髪の毛が再生するサイクルは平均して20回程度と言われています。毛穴の数は赤ん坊のときから変わることはありません。人間が産まれたときから、すでに薄毛は始まっていると考えてもいいでしょう。
 
髪の毛は無限ではありません。有限で限りあるものです。髪の毛の生えるサイクルが3年から5年に一回のスピードで正常ならば問題ないでしょう。けれども不健康で不摂生な生活・ストレスフルな生活・間違った頭皮ケアをしていたらアウトです。大部分のケースでは頭皮ケアをしても、すぐにサイクルが回復することはありません。正常なサイクルにもどすには相当の期間が必要です。