頭皮ケアで薄毛や抜け毛を予防する大切さ

ダメージヘアになってしまう主な原因

2016年08月04日 17時52分

ダメージヘアの原因はどういったものがあるのでしょうか?今回は【頭皮ケアに役立つ情報】について色々ご紹介します。頭皮ケア専門のシャンプーやトリートメントも市販されています。頭皮にダメージを与える原因や髪の毛の痛みを抑える方法や栄養を与えるにはどうしたら良いのか?地肌の乾燥やべたつきを防ぐにはどうしたらよいのかなどを説明します。
 
  • ダメージヘアになってしまう主な原因は
 
1番目は美容院での施術になります。
綺麗になるために通っている美容室での施術がダメージヘアを引き起こすこともあります。パーマやカラーリング・ストレートパーマなどです。これらは化学薬品を使用していますからダメージヘアの原因となっています。こういった施術をしたあとはケアをしっかりしておきましょう。ダメージを最小限にするためにしっかりとトリートメントすることが大切です。
 
2番目は、シャンプーです。
シャンプーの良し悪しによってはダメージの原因になります。
シャンプーは毎日する人が大部分でしょう。しっかりと正しい方法を身につけることによって、飛躍的にダメージは改善します。しっかりと泡立ててから洗浄するといいです。摩擦に弱くなるのは髪の毛が濡れている状態です。
 
3番目は、ドライヤーの熱です。
近頃はドライヤーそのものの性能が進歩しています。出力ワット数が高いものも市販されていますが、メリットは早く乾燥することです。その反面、髪の毛にダメージを与えやすくなります。長時間同じソーンに熱風を当てないようにしましょう。そして、洗い流さないタイプのトリートメントを使って保護すると効果的です。
 
  • 頭皮・地肌が乾燥するのは何故?
 
湿度が低くなり気温が下がる季節になると頭皮が乾燥してきます。頭皮が乾燥してくる理由としては(1)シャンプーでの過剰洗浄(2)血行不良(3)アレルギー(4)加齢が考えられます。
 
1番目は、シャンプーでの過剰洗浄です。
シャンプーで洗いすぎているならば、シャンプーの回数を減らしてみましょう。2日に1回程度に押させて様子を見てみるのも一つの解決策になります。その場合でもシャンプーをしない日でも、ぬるま湯で汚れを洗い流しておくことがポイントです。
 
中にはそれだけでは気持ちが悪くて納得できないかもしれません。そんな場合は洗浄力が強いシャンプーは止めましょう。頭皮ケアに適した天然アミノ酸系でできた優しいシャンプーを使ってみましょう。頭皮にトリートメント剤を使うのも効果的です。
 
2番目は、血行不良です。
頭皮に栄養が行き届いていないかもしれないですから、必要な皮脂が頭皮に分泌されません。その結果としてカサカサした乾燥した頭皮になってしまいます。対策としては、頭皮マッサージです。血液のめぐりをスムーズにしておきましょう。身体の冷えを解消する目的で温める方法もあります。
 
3番目は、アレルギーです。
頭皮が乾燥していたり痒みが酷い状態なってしまっていたりする人もいるでしょう。その場合はアトピー性皮膚炎かもしれません。自己流の対応処置は危険です。皮膚科を受診しましょう。プロの目で見て貰うことをお勧めします。
 
4番目は、加齢です。
これは、どうしても避けることができません。正しいヘアケアをして生活習慣を規則正しくすれば加齢を遅らせることはできます。ヘッドスパなどを時々受けてみてはいかがでしょうか?
 
  • 頭皮の状態が悪くなる原因は潤い不足が考えられる
 
  1. シャンプーを変えてみたら抜け毛や細かいふけが目立つようになった
  2. これまでサラサラだった髪の毛だったのに夕方になるとしんなりと湿ってしまう
  3. 髪の毛が細くなってしまってボリュームがない
 
こういった症状を感じていることはありませんか?
頭皮のコンディションが悪くなる原因は「頭皮の潤い不足」が考えられます。
 
1番目の症状がある場合は頭皮の表面が乾燥してきている症状です。頭皮の表面が剥がれていていると考えられます。損傷してしまった頭皮で綺麗な髪の毛を維持することは不可能です。
 
2番目の症状がある場合は、身体が頭皮の潤いが不足していると判断しているからの身体の自然な反応です。どんどんと皮脂が分泌されて潤いを足そうとしています。
 
3番目の症状がある場合は、頭皮の皮脂が分泌不足になっていると想像できます。潤いと栄養がなくなってきているのです。
 
こういった症状を解決するには頭皮の潤い不足を解消すればいいです。
最も大切なことは「頭皮の潤いをしっかり補給して維持してくれるシャンプー」を使うことです。